多数の会社から高く評価優良人材紹介会社をセレクション!

人材紹介会社を選ぶ際のコツとはいったい何?
ネットで求人が探せるような現代、人材紹介会社は多数存在しています。その中から優良なものを選ぶにはどのような点に注意すればよいのでしょうか。色々な人材紹介会社へリサーチを行ったこの私が、そのコツをお伝えしましょう。

まず第一のポイントが、多くの人材を紹介してくれる機会があるのかということ。たとえば書類だけでなく面接会を積極的に行い、志望者と対面で会えるような場面を設けてくれたり、過去の職歴や資格など、特徴を持つ人材を積極的に紹介してくれたりなどです。

次に重視すべきは、採用後のアフターフォロー。採用とは人が関わることなので、何が起こるか分かりません。ひょっとしたら発生するかもしれない万が一のトラブルにも対応してくれるよう、たとえば早期退職に備えた返金サービスや採用後のカウンセリングなど、あらゆる形でフォローを行ってくれるサービスを備えていることが望ましいです。

そして、どういった業界に強いのかということ、たとえばIT関係であったり飲食業界であったり、特定の業界に対して優秀な人材を発掘できるという強みを持っているならば、該当する企業にとってはうれしいところですよね。

そうしたポイントに注目して、人材紹介会社を探してみましょう。

都内でおすすめの人材紹介会社5選!

UZUZ(ウズウズ)
エンジニアの採用、そして定着に大きな自信あり! 「UZUZ」
多くの企業にとって、エンジニアの採用というのは悩みの種でしょう。年齢が若くてなおかつ高いスキルを持った人材を見つけるというのは非常に難しいこと。それにもし採用できたとしても、さまざまな理由から早期に退職してしまうと大きな痛手となってしまいます。

そんなエンジニアの採用にお悩みであれば、関東を中心に事業を展開している「UZUZ」を利用してみてはいかがでしょうか。この会社では既卒や第二新卒といった若手の人材を中心に紹介しており、しかもエンジニアがメインです。なかなか出会いにくい若くてすぐれたエンジニア人材も、ここであればきっと見つかるでしょう。

エンジニアにここまで特化できるのは、UZUZならではのプログラムに秘密があります。オリジナルプログラムを用いて、若手エンジニアを輩出しているのが、UZUZの特徴です。
本社所在地
東京都新宿区西新宿3丁目11-20
オフィススクエアビル新宿4階
資本金
1,500万円
TEL
03-5333-0802
ポイント
オーダーメイド型でエンジニア採用に強い!
カケハシスカイソリューションズ
ユニークな取り組みが大好評! その親身さが異色の人材紹介会社「カケノハシスカイソリューションズ」
「麻雀採用」「脱出ゲーム説明会」といったとてもユニークな取り組みの数々で話題を呼んでいるのが、東京から大阪名古屋、果ては奄美に海外までもサポートする「カケノハシスカイソリューションズ」です。

とはいえ、ただこれらの取り組みが斬新というだけでこの会社が評価されているのではありません。それらがうまくいっているからこそ、多くの企業から支持されているのです。

「成熟した現代社会での企業には、優秀な人材発掘が不可欠」という理念を持つこの会社においては、企業に対して寄り添ったサービスを展開。とても親身なサポートが評判とのことです。

人材コミュニケーションという特上のサービスを活かし、企業の悩みをよりよく解決するのが、このカケハシスカイソリューションズです。
本社所在地
東京都新宿区神楽河岸1-1
セントラルプラザ7F
資本金
6,000万円
TEL
0120-342-834
ポイント
一風変わった人材発掘で評判の人材紹介会社
リクルートエージェント
業界最大手ならではの信用で高い安心「リクルートエージェント」
次に紹介するのは「リクルートエージェント」。リクルートと言えば人材業界において非常に幅広く活動している最大手企業ですので、その知名度は非常に高いです。おそらく、知らない方はいないでしょう。

ですが、高いのは知名度だけではありません。全国に展開を行っているだけあって、そのサービス内容はきわめて高い評価を受けているのです。取引社数1万4000、転職決定者数3万2000というどうどうとした数字は、名実ともに業界ナンバー1! どれだけ多くの方がこのリクルートエージェントを通してメリットを獲得したかがはっきり理解できるでしょう。

リクルートエージェントは、すでに創業40年以上。それだけ長い間人材紹介会社のトップにいられるのは、その地位に応じた高品質な利益を利用者に提供しているからなのですね。
本社所在地
東京都千代田区丸の内1-9-2
グラントウキョウサウスタワー
資本金
6億4335万円
TEL
0120-98-3046
ポイント
大手ならではの細かいフォローが人気
ネオキャリア
採用社数10000社以上! その実績に大きな信頼が寄せられる「ネオキャリア」
最後に紹介するのは、東京に本社を持つほかフィリピン等海外にも進出している「ネオキャリア」です。「就職エージェントneo」などの人材紹介サービスが広く知られていますね。

このネオキャリアが高く評価されている理由は、戦略の多様性です。自社の検討している採用計画に対し、さまざまな側面から戦略を練って実践してくれます。その実績たるや確かなものがあり、ネオキャリアによって優良人材の採用が実現した会社は実に10000社以上! 実に多くの企業をサポートし、成功に導いているのです。

現在までの高い実績等から、おそらく今後も成長を続けていくであろうネオキャリア。信頼できる人材紹介会社であると言えるでしょう。ご検討先のひとつとして推薦します。
本社所在地
東京都新宿区西新宿1-22-2
新宿サンエービル 2階
資本金
3億6238万円
TEL
0120-550-150
ポイント
取引実績多数で安心して依頼できる人材紹介会社
ジェイック
営業ができるプロフェッショナル人材と出会いたいなら「ジェイック」
もしあなたが営業のできる人材をお探しなら、「ジェイック」をおすすめいたします。東京を中心に関西、中部、九州、上海にまで事業を広げるこの会社のサービスをすでに3万8000社以上の企業が利用しています。

このジェイックの特色は、とにかく営業に強いということ。他社ではやっていない、営業経験が無い人でも独自の教育によって一から営業のプロフェッショナルとして育て上げた若手を推薦してくれるのです。

そうした人材がいかに優れているかは、このジェイックを通して20代の採用に成功している企業が約3700社以上も存在しているという事実から自ずと分かるでしょう。

また、採用後のアフターフォローが充実。20代の営業なら、ジェイックで探してみましょう。
本社所在地
東京都千代田区神田神保町1-101
神保町101ビル6F
資本金
7,739万円
TEL
0120-417-604
ポイント
営業職の採用に長けた人材紹介会社

よく読まれている記事

首都・東京には人気の人材紹介会社がたくさん!

日本の象徴である首都・東京は、日本における全ての情報の発信地です。
住みたい街ランキングには毎年吉祥寺や恵比寿・自由が丘といった、流行や情報の発信地が毎年のようにランクインしています。
アメリカの有力旅行誌「コンデナスト・トラベラー」が発表した「魅力的な世界の都市ランキング」においては、なんと2年連続の1位を受賞しているという、国内はもちろん、海外においてもその評価は絶対的なものとなっています

人口ももちろん国内1位となっており、他県府からも多くの人が東京で夢を成功させたいと集まってきます。2020年には東京で通算2回目のオリンピックも開催されることが決定しており、今後ますます発展していくことでしょう。

東京で働くことの利点としては、何と言ってもあらゆる面においても最新の情報が最速で入手できることでしょう。そのため、多くの会社が東京に集中しています。大手の人気企業はもちろん、中小、零細、ベンチャー企業まで、本当に数多くの会社が存在します
私自身、東京に強い憧れを持っていたため、大学入学と同時に上京し、東京で就職しました。

近年では、外国人労働者の数も以前と比較すると圧倒的に増加しています。要因としては、留学生の就職支援の強化など、政府が進めている高度外国人材の受け入れが着実に増えていることに加え、雇用状況の改善が着実に進んでいることが挙げられます。
このように、国内外問わず、東京で働きたい人は増加しており、それだけ東京の価値というのは高まっていることが伺えます。

東京は他地域と比較しても圧倒的に会社数が多く、比例して求人数も多くなっています。この記事をご覧になられている方の中には、採用に力を入れたいがなかなかそこまで手が回らないなんてこともあるでしょう。そんな時、人材紹介会社が便利です。求人数が多い東京には、必然的に人材紹介会社の数も多くなっています。正直どこの人材紹介会社に依頼すればいいのか分からないなんてことも。

そこで私は、インターネットの口コミや評判をリサーチし、東京で本当に人気でおすすめの優良人材紹介会社を5社ピックアップし、比較ランキング形式で紹介しています。
各詳細ページを見て、自社に合っている人材を発掘できそうな人材紹介会社を選ぶようにしましょう。

人材紹介会社に採用計画を任せっきりにしていて本当にいいの?

現在の人材紹介会社は非常に優秀であると言われています。ネットが存在していなかった80年代や90年代に比べ、圧倒的に数多くの人材を発掘、紹介することができるようになったからです。

また、会社のサービス内容によっては、面接日のスケジュール調整や結果の通知といった採用計画に携わる諸業務のほとんど、それに加えて面接のような採用に大きく関わる重要業務、さらには入社後の社員教育までもを代わりに行ってくれます。採用のプロである彼らに任せておけば、下手に自社の社員に従事させるよりも効率的に処理してくれる可能性がかなり高いです。

そうした側面から、採用計画を人材紹介会社に一任している企業も多いようです。特に人事に長けた人材を雇用することができていない中小零細企業においては、求人を紹介会社経由でしか出さないというところもあります。

そのようにして、人材紹介会社に採用のあれこれを任せっきりにすること自体は、決して悪いことではありません。業務の効率化という観点から見て、むしろそうした方がよいとも言えるでしょう。

ですが最低限、面接の結果などについてはしっかり目を通し、こちら側で厳密に検討した上でその採否を決定するべきでしょう。ただアドバイザーに推薦されたからという理由で、検討を重ねることなく採用する人材を決めてしまっては、後々ミスマッチが生じてしまうおそれがあります。

確かに人材紹介会社は頼りになりますが、あくまでも社外の人間であるということを忘れないようにしてください。

より効率的に優れた人材を紹介してもらうためには

この記事をご覧になられている方の中には、過去に人材紹介会社に依頼した経験があるという方もいらっしゃるかもしれません。

そうした方々に伺いたいのですが、その人材計画はうまく行ったでしょうか。実を言うと、人材紹介会社を経由していても、優れた人材を確保できなかったり、採用までにかなりの時間がかかってしまったという場合が多々あるのです。

その原因は何かと言うと、あまり質のよくない会社に依頼をしてしまったというのもあるかもしれませんが、実は「提供情報の不足」がもっとも大きな原因となっているのです。

人材紹介会社はあくまでもこちらが提供した情報に基づいて活動します。年齢がどれぐらいで今までどのような経験を持ち、どのようなスキルを持っているか、クライアントに伝えられたニーズを元として、人材を紹介するのです。

ですのでこの際、企業側が希望の人材に関する十分な情報を正確に伝えていなければ、自ずと採用計画は難航してしまいます。「紹介された人材がニーズとまったく合っていなかった」といったミステイクも、たびたび起こることとなるでしょう。

それを防ぐためにも、人材紹介会社に対しては明確かつ詳細な情報を伝えるようにしてください。そのためには事前にどのような人材を採用すべきか、社内で話し合いを行って定めておくとよいでしょう。

せっかく入社した社員を早期退職させない方法

苦労の末に希望通りの人材を確保できたにも関わらず、半年や1年といった非常に短い期間で早期退職してしまうといった事例は、決して少なくありません。これに関しては考えられる理由が多岐に渡るので、その対策方法も状況に応じて変わってきます。

ではどうすればよいのかというと、人材紹介会社のアドバイザーやエージェントに相談を行うべきです。彼らは採用だけでなく、その後の対策においてもプロ。考えられる事例などについて的確に察知し、状況に応じた正確なアドバイスを行ってくれることでしょう。

また彼らは企業と就職希望者の中間に立つ存在であるため、採用された社員に直接ヒアリングを行うこともできます。これによって、社員が内包している自社への不満、悩みなどをしっかりリサーチし、対策を行うことができるというわけです。

最近の人材紹介会社は早期退職を防ぐため、さまざまな形でのフォローアップ制度を用意しています。人材採用の経験が乏しく、入社後の定着に不安があるようなら、フォローアップの充実した会社を選ぶとよいでしょう。

人材紹介会社の賢い選び方

人材紹介会社の賢い選び方

厚生労働省から許可を受けた紹介会社が、求職者と企業側のマッチングを行い、適切な人材を紹介してくれます。
この人材紹介会社も調べると多くの紹介会社がヒットします。
採用担当者から、

「過去に依頼した人材紹介会社の対応が良くなかった」

「せっかく採用したのに退職してしまった」

などのリスクも伴っています。
では、そんな会社に依頼しない為にどうやっていい会社を見つけることが出来るのか、採用担当者向けに最低限抑えておいたほうが良いポイントをまとめましたので、参考にしてみて下さい。

 

どのポイントを比較すれば良いか

1.得意な業種・職種

人材紹介会社の中には「ITに強い」「管理系」「営業系」「医薬品系」「コンサルタント系」「メーカー系」など○○の業界に強いとされている特徴があります。

例えばWEBエンジニアの採用を考えている場合、IT業界に強い人材紹介会社に依頼する事で、業界独自で扱っている求職者を多く抱えているので、企業側が求める条件に近い人材と出会える可能性が高まります。

また、強いとしている業種と求める人材が違った業種の場合、ミスマッチが生まれやすくなりますので注意が必要です。

業界に特化している人材会社であればその業界特有の専門用語や条件など、コンサルタントやアドバイザーとコミュニケーションを図る際に細部まで伝わりやすいといったメリットがあります。

 

2.求職者への研修・教育制度の有無
人材紹介では独自の研修・教育制度を設けている会社があります。

特に若手20代~30代前半までの紹介実績が多い企業は、この研修や教育制度で徹底的に求職者(転職希望者)のスキルアップのサポートをしています。

本来、企業側が労力と時間がかかる部分でもありますので、研修制度を設けている紹介会社からの人材は、人事担当者の労力の削減にも繋がってくる部分ですので、重要な判断基準になると思います。

研修の期間や実習の有無など紹介会社によって事なりますので、
各紹介会社に問い合わせてみるのも良いと思います。

 

3.採用後の定着率・フォロー体制
人材紹介会社では複数回の面接を終え、無事採用に至っても採用後に退職されるリスクはゼロではありません。

そこで、紹介会社を選ぶ際は採用後の定着率の高さも大事な判断材料の1つになります。

紹介会社に定着率を聞いてもあいまいな答えが返ってくる場合、

採用後の把握が出来ていない紹介会社の可能性があるので注意が必要です。

また、企業側のリスクを抑える為に、独自の保証制度を設けている紹介会社もあります。

保証制度についても紹介会社によって事なりますので、各紹介会社に問い合わせてみるのも良いと思います。

 

最後に

ここまで人材紹介会社の賢い選び方について説明しましたが、
実際にサポートを担当するコンサルタントやアドバイザーとの相性がとても重要です。

ただし、コンサルタントやアドバイザーとの相性については事前に確認する事が困難ですので、説明会に参加や問い合わせてみて紹介会社の雰囲気を事前に知っておくことも重要です。

記事一覧

忙しい企業にとって、社員を増やしたい、採用後もずっと働いてほしいと思うのが本音でしょう。 定着率の高い職場は、 ・・・[続きを読む]
  既卒や第二新卒とは何かご存知でしょうか? 既卒とは学校を卒業した後に就職活動をした人、第二新卒と ・・・[続きを読む]
中途採用を行う際に有効な手段の一つとして、人材紹介会社を利用した人材紹介のシステムがあります。 人材紹介会社を ・・・[続きを読む]
  人材を確保する手段として大きく分けると求人媒体と人材紹介の2種類に分けることができます。 当然ど ・・・[続きを読む]
  アルバイトやパートタイマー、派遣など雇用形態は色々あります。 そんな中で人材紹介と人材派遣という ・・・[続きを読む]