多数の会社から高く評価優良人材紹介会社をセレクション!

既卒や第二新卒を採用するメリットとデメリット

既卒や第二新卒を採用するメリットとデメリット

 

既卒や第二新卒とは何かご存知でしょうか?

既卒とは学校を卒業した後に就職活動をした人、第二新卒とは就職したが1年から3年で辞めてしまった25歳前後の若者の事を言います。
どちらも社会人としてはまだ経験も知識も浅く、採用をする側としても不安に思ってしまう事でしょう。
今回は、この既卒と第二新卒を採用するメリットとデメリットを詳しく見てみましょう。

 

既卒と第二新卒を採用するデメリット

既卒と第二新卒は社会人になった経験のある若手。
逆をいえば3年未満しか働くことができなかった人でもあります。

転職をする理由は人それぞれですが、

「自分に向いてなかった」

「思ったイメージと違った」

など環境への適応能力が低く、辞めてしまった人もいます。

こういった事を踏まえると、新卒と比べ既卒や第二新卒は以前同様に早期に辞めてしまう可能性が高いとも言えます。

また、既卒や第二新卒で採用した人は、社内での立ち位置が新卒と中途の中間に位置するのでコミュニケーションがとりづらいといった点もデメリットととらえている企業もあるようです。

この点については企業側の受け入れ態勢を柔軟にする事で変える事が出来ますし、人材紹介会社のサポートを受ける事で解消する可能性が高まります。

 

既卒と第二新卒を採用するメリット

〇すぐにでも入社をしてもらえる

既卒者と第二新卒者を採用する上のメリットとして、1つ目はすぐにでも入社をして貰えるという事です。
新卒者と比較をしますと、新卒者は内定が決まって入社するまで数カ月もかかり、即戦力にはなりません。
一方で既卒と第二新卒は採用後すぐにでも入社をして貰うことができます。

更に第二新卒の場合は1度どこかで働いた経験がある為、既卒者よりも仕事の呑み込みが早く、基本的に3か月もあれば他の社員と変わらないほど即戦力になる事ができます。

 

〇応募者が集まる

2つ目は応募者が集まるという事です。
大手企業で競争率が激しい場合、書類選考も非常に厳しくなかなか採用をして貰えないという話はよくあります。
そのため、新卒で応募をかけてもなかなか集まらないという募集も、既卒者や第二新卒なら集まるというケースも良くあります。

更に第二新卒の場合は経験もあるということで、新卒のようになんでも募集された仕事に手を出すということではなく、いかに自分に合った仕事かしっかりと見極めたうえで応募をしてくることは多いです。

 

〇研修を省ける

3つ目は第二新卒者は1度他の企業で経験をしているという事で、新卒者が経験するような研修を省くことができます。
例えばビジネスマナーに関する研修は、すでに別の企業で経験済みのため、この研修は必要がないためその分の研修費が浮きます。

そのため研修は常務知識などの研修をするだけで大丈夫です。
既卒者はまだどの企業にも働いたことがないため、新卒者と同様の研修を受ける必要があります。

 

〇奨励金が支給される

4つ目は既卒者を採用することで、厚生労働省から奨励金が支給されます。
なぜ支給するのかというと、厚生労働省では若者に少しでも企業に長く続いてほしいと考えられています。
そのため1年続いたら5万、2年から3年定着すると10万など奨励金が支給されます。

 

 

既卒と第二新卒を採用する企業はメリットとデメリットを考慮した上で採用するか否かを決めているという事は知っておいたほうが良いでしょう。