多数の会社から高く評価優良人材紹介会社をセレクション!

人材紹介会社に依頼してから入社までの流れ

 

人材紹介会社を使って人材を入社させるまでにはどのようなプロセスを経る必要があるのでしょうか。
依頼してから円滑に新しい人材を獲得できるようにするには手続きを滞りなく進められるように典型的な流れを理解しておくことが大切です。

 

 

紹介会社への依頼から人材紹介の開始へ

最初に行うのが人材紹介会社の選定と依頼です。紹介会社には種類やサービスの内容、料金設定、得意とする人材の種類などに大きな違いがあります。その違いを比較し、必要としている能力を持っている人材の獲得に強くてコストパフォーマンスが高い会社を厳選します。

そして、電話やメール、ウェブフォームなどで申し込みを行って面談の日程調整を行うのが一般的です。依頼をすると担当者から訪問を受けるか、紹介会社を訪問し、具体的に募集したいポジションについてヒアリングを受けます。求人広告は自社で準備することもできますが、ヒアリングに基づいて作成してもらうのが一般的な方法です。

具体的にどんな人材を必要としているかを伝え、求人広告には記載せずに対応してもらうこともできます。この手続きを終えて契約を締結したら人材紹介を開始してもらうことが可能です。

 

人材の紹介を受けて選考の実施へ

人材の紹介は適宜行われます。一般募集を行う場合には応募があったときに、ヘッドハンティングの場合には候補者が見つかったときに連絡があり、書類選考を行うというのが基本です。履歴書や職務経歴書などの要求した資料が郵送やメールで送られてくるか、担当者が持参してきます。

その内容を確認しつつ、担当者とコンタクトを取って人材の様子を調査し、面接選考を行うのに適した人材だとわかったら、合格を出して面接の日程調整を行ってもらうのが通例です。希望日時と場所を伝えて任せておけば人材との間に立って日時を決定してくれます。

そして、面接選考を行って人材の吟味を行います。必要に応じて現場に担当者に居合わせてもらって適宜質問をしながら面接を行うことも可能です。面接の回数は自由に設定できる場合が多くなっています。不合格と判断された場合には担当者または人材に対して採用見合わせの連絡をします。通常は書類を受け取ってから二週間以内、面接をしてから二週間以内にそれぞれの結果を通知しますが、必要であれば回答を遅らせてしまっても問題はありません。

 

選考に基づく採用の内定と入社手続き

面接を終えて採用したい人材だと判断されたら採用内定通知を出します。人材と担当者の両方に連絡を入れるのが通例です。そして、雇用条件についての説明をして条件の細かなすり合わせを行って雇用契約を締結します。

ただし、内定を出してから断られる場合もあります。この場合には人材か担当者から内定辞退の連絡が入ります。紹介会社によって内定を通知してから入社までの手続きには違いがありますが、特にサポートを受けられない場合がほとんどです。雇用条件のすり合わせを間に立って行ってくれる程度なので、内定を出すときには社内の受け入れ体制を整えておきましょう。

雇用契約を締結した時点か入社した時点で手数料の支払いが必要になります。相場としては年収の20%〜30%程度となっているため、条件のすり合わせをする際には年収をいくらに設定するかに注意することが肝心です。

 

人材紹介会社に人材紹介の依頼を出してから入社してもらうまでには紹介会社からヒアリングを受けることと、書類と面接による選考を行うことが必要です。担当者が間に立ってくれるので人材とのやり取りにあまり手間がかからず、書類選考の時点で担当者からも情報を得られるので効率的に選考を行えるでしょう。
入社の手続きについてはサポートを受けられないのが一般的なので、内定を出すときには受け入れ体制を整えておくことが必要です。