多数の会社から高く評価優良人材紹介会社をセレクション!

人材「紹介」と人材「派遣」の違いは?

人材「紹介」と人材「派遣」の違いは?

 

アルバイトやパートタイマー、派遣など雇用形態は色々あります。
そんな中で人材紹介と人材派遣という言葉がありますが、この違いはご存知でしょうか?

同じようでこの2つは全く別物なのです。
実は会社の人材補充をする上でこの2つの違いを知ることは、非常に重要なことなのです。
では実際にこの2つはどう違うのか、ご紹介しましょう。

 

 

人材派遣について

では、まずは人材派遣についてみてみましょう。
人材派遣とは呼んで字のごとく人を企業へ派遣する会社のことを言います。
特定のスキルを持った社員を登録し、その人材を必要としている企業へその人材を派遣する事です。

当然正社員やパートとは違った雇用形態になります。
パートや正社員は実際に働く会社と雇用契約をしている形ですが、人材派遣は雇用契約を結ぶ会社と実際に働く会社が異なります。
給料体制も違い、パートや社員は雇用契約を結んだ企業から支払われますが、派遣の場合は派遣会社が給料を支払うという形です。

一括りに今は派遣と言っていますが、以前は大きく分けると3つのタイプに分かれていました。
一般派遣、特定派遣、紹介予定派遣です。

 

・一般派遣は派遣登録をして、希望の派遣先へ契約が結ばれたら雇用契約を結びます。

・特定派遣は必要に応じて派遣先に派遣されますが契約終了後も派遣先の企業での業務が継続されるタイプです。

・紹介予定派遣は派遣社員が派遣会社と直接交渉し、一定期間派遣を行うシステムです。

 

現在の派遣制度と比較して何が変わったかというと、一般派遣と特定派遣の区分が無くなったということです。

現在は紹介予定派遣のみとなった為、企業側は派遣社員と雇用契約を結ぶことを前提として雇わなければいけなくなったのです。
当然様々なメリット・デメリットが生じるようになりました。
詳細は事項にて解説しましょう。

 

人材紹介について

では次に人材紹介について見てみましょう。

人材紹介とは厚生労働省の許可を受け、職業を紹介する会社のことを言います。
取引先に候補者を紹介し、雇用が決まった場合その企業の候補者となります。
人材派遣との違いは、求職者・取引先共に人材紹介会社と契約を結ぶか結ばないかの点になります。

人材紹介会社には大きく3つの分類に分かれます。

1つは一般紹介や登録型です。
求人の依頼を受け、求職者に企業を紹介するという最もポピュラーな方法です。

2つ目はサーチ型です。
求人の依頼を受けたら、条件に合う求人者を企業に合わせます。
別名ヘッドハンティングとも言われており、役員クラスでの求人依頼が主になります。

3つ目は再就職支援型です。
リストラの対象になった社員を再就職できるように支援するという形態です。
これら3つの方法は、それぞれ企業側がどういった求人を求めているかによって使い分ける形です。
そのため、人材紹介のほうが人材派遣に比べ融通が利くでしょう。
ですが、当然デメリットも存在します。

 

両方のメリットとデメリットとは?

〇派遣社員

まずは派遣社員のメリットとデメリットです。

派遣社員を雇うメリットは何といってもお試し期間(6ヶ月)で人柄や環境への適正などを見極めることができるということです。
そのため履歴書や面接ではわからないことも徐々に知っていけるので、雇用後のミスマッチを防げます。

デメリットとして大きいのはコスト面。
雇用を決めた際に紹介手数料が発生し、これが安くはないということです。
また、お試し期間が長いため、なかなか希望するスキルを持ち合わせた人材に出逢えないという可能性もあります。

 

〇人材紹介

一方、人材紹介のメリットは、前項でも述べたように用途によってサービスを使い分けられるということ。

3つの方法で最もおすすめなのは希望する人材を見つけてくれる方法です。

人材紹介会社のほとんどは成功報酬型を採用しており、人材のマッチングが成功しないと売上げに繋がりません。
派遣と違ってお試し期間などは設けられていませんが、求めている人材を紹介される可能性が高いです。

デメリットは採用期間が長くなる可能性がある事です。
希望に見合った条件の求職者がいなければ、当然紹介してもらえないので、求職者が登録されるまで待つか、他の人材紹介会社を利用することとなるでしょう。
そうなってくると多少時間がかかる可能性があります。

 

 

それぞれメリット・デメリットがあり、どちらを選ぶかはこの記事をご覧いただいている企業様の内部事情によって変わってくるでしょう。

ですが、より優秀な人材を欲しているのであれば、人材紹介会社がおすすめです。
説明会やイベントを実施している会社も多いため、人事の方は一度足を運んでみるのはいかがですか?