多数の会社から高く評価優良人材紹介会社をセレクション!

人材紹介会社の種類ってどのようなもの?

人材紹介会社の種類ってどのようなもの?

 

人材紹介会社には様々なサービスを提供している会社があり、いくつかの分類方法があります。
よく行われている分類として一般紹介登録型、サーチ型、アウトプレースメント型の三種類に分けるものがありますが、それぞれにどのような特徴があるのでしょうか。
利用する目的に合わせて使い分けられるようにしましょう。

 

一般紹介登録型の人材紹介の特徴

一般紹介登録型は最もポピュラーな人材紹介の方法です。
企業から求人の依頼を出して一般に募集をかけてもらい、転職を希望している人がその情報を見て応募するという形で人材と企業とがつながります。

〇特徴
基本的には自由に応募できるのではなく、紹介会社が間に立って転職希望者に対してヒアリングを行い、適切と考えられる求人を紹介して応募を促すという形を取るのが特徴です。
企業側が求めている人材像に合うかどうか、転職希望者が納得して応募できる求人かどうかを紹介会社が判断してマッチングを行うというプロセスがあります。
そのため、企業側も転職希望者側も満足度の高い形で雇用契約を締結できることが多いのが特色です。
紹介会社によって転職希望者が申し込めば自由に応募できるスタイルを取っている場合もあります。
このときには紹介会社によるふるいはかけられませんが、より広い人材を書類や面接で選考できる機会を手に入れられるのが魅力です。
細かなサービスは紹介会社によって異なりますが、広く人材の募集を行うことができる仕組みになっています。

 

ヘッドハンティングとも呼ばれるサーチ型の特徴

サーチ型ヘッドハンティングエグゼクティブサーチとも呼ばれる方法です。
企業がどのような人材を求めているかを紹介会社に伝え、経験やキャリア、スキルや人柄などを総合して適任と考えられる人を探してもらうという仕組みになっています。

〇特徴
通常は現役で働いている人のサーチを行ってもらうことからヘッドハンティングと呼ばれています。
一般に募集する場合とは異なり、確実に高いレベルの人材を紹介してもらえるのが魅力です。
サーチ型では何を基準にして適材と考えるかを具体的に紹介会社に伝える必要があります。
キャリアの年数や保有資格、業務経験などをリストアップして伝え、満たしていなければならない条件、要望する条件、満たしてはならない条件を明確にしておくのが通例です。
ヘッドハンターと呼ばれる担当者が割り当てられ、適宜相談をしながら適任者を探していくというスタイルを取る場合が多くなっています。
優秀な人材を抜擢したいときに優れている方法として活用されています。

 

アウトプレースメント型の特徴と使い方

アウトプレースメント型は人材を雇用するのではなく、雇用していくのが難しくなってしまった人材の再就職先を見つけるためのサービスです。

〇特徴
経済的な負担を減らすために人件費を削減するのは効果的な方法ですが、企業の命令で退職させる場合には再就職の支援を行わなければならないでしょう。
その際にグループ会社を使うこともありますが、それでも難しい場合には系列外に再就職先を見つけなければなりません。
アウトプレースメント型の人材紹介では、雇用するのが難しくなってしまった人材の特徴やキャリアなどを踏まえて適切な企業に対して紹介してくれます。
倒産などの際にもよく使われているのがアウトプレースメント型の特徴で、再就職支援型とも呼ばれているのが特徴です。
人材の雇用を保証するために使えるサービスだと念頭に置いておくと良いでしょう。

〇まとめ
人材紹介会社の種類は大まかには三つに分けられますが、全く異なる性質を持っているので目的に合わせて依頼先を変えることが必要です。
会社によっては複数のサービスを実施していますが、必ずしも全てのタイプで十分な実力を持っているとは限りません。
適宜最適な会社を選んで紹介を依頼しましょう。