多数の会社から高く評価優良人材紹介会社をセレクション!

せっかく採用しても辞めてしまう…定着率を上げる「5つの秘訣」

せっかく採用しても辞めてしまう…定着率を上げる「5つの秘訣」忙しい企業にとって、社員を増やしたい、採用後もずっと働いてほしいと思うのが本音でしょう。
定着率の高い職場は、人を増やさなくても今いる人数で十分作業がはかどるからです。
しかし、社員がなかなか定着しない会社は、人の出入りが激しく、採用してもすぐに辞めてしまう状態です。
忙しい中時間を割いて仕事を教えたのに、これでは意味がありませんね。

 

では、一体どうすれば入社した社員が定着してくれるのでしょうか。
これさえ把握すれば定着率がアップします
定着率をアップさせるためには、5つのポイントがあります。

5つの秘訣

〇仕事の内容をきちんと説明すること

まず1つ目は仕事の内容をきちんと説明をする事です。
入社をしてから、

「こんなはずじゃなかった」

と自分が想像していた仕事とはべつの仕事をさせられ、そのギャップについていけず辞めてしまうという人は多いです。
通常は仕事とのギャップがあまりなければ、長く続くはずです。
しかし、長く続かない人は、こういったケースで辞めてしまう事がほとんどです。
長く続けてもらうためにも、説明会や入社後にしっかりと説明をするようにしましょう。

 

〇課題を設定する

2つ目はやりがいを感じにくいという事です。
今やっている仕事は毎日同じことの繰り返し、何も刺激もないまま時間だけが過ぎていくという環境では、仕事に対してやりがいを感じにくいものです。
やりがいを感じさせるためにも、課題を設定するといいでしょう。
この課題をクリアすれば、次の新しい仕事が出来るなど、目標に対して達成意識が高ければ高いほどその後もうまくいきます。

一見すると同じことの繰り返しは平和に思えていいかもしれませんが、逆を言えば活気のない職場に取られてしまいます。
職場全体が目標をもって仕事に取り組むと、活気があって働き甲斐も見出すことが出来るようになります。

 

〇会社の雰囲気を伝える

3つ目はオフィス見学の機会を設けて、会社の雰囲気を伝えることです。
見学の意味は仕事場の雰囲気を見てもらい、この仕事に自分は合うかどうかを知ってもらうメリットがあります。
これにより、入社してからこんなはずではなかったという考え方の社員を少なくすることができます。

見学に行くと働いている社員も見ることになりますが、

ここで働いても大丈夫か

この会社の社風にあっているか

こういったことも社員は確認します。
採用する前の入社説明会の時点で、ぜひこの見学という機会を作るようにしましょう。

 

〇雇用条件をしっかり伝える

4つ目は雇用条件をしっかりと相手に伝えましょう。
最近問題になっているのは、入社前の説明と入社後の説明が食い違っているというトラブルです。
そういう企業は、いい雇用条件を言えば社員は入ってくるだろうという考え方をしており、本当の雇用条件と違う情報をいってくる場合もあります。

入社後に雇用条件が全く違ったという事は、入ったばかりの社員にとって大きな不信感になります。
いい社員に入社をして貰いたい条件としては、この雇用条件をしっかりと伝えることで、こんなはずではなかったという社員を減らすことになります。

 

〇社員の家庭環境をしっかりと理解した会社かどうか

5つ目は社員の家庭環境をしっかりと理解した会社かどうかです。
今、問題になっている育児と仕事の両立です。
両立させるには会社がその社員の家庭環境を理解しなければいけません。
突然子供が熱を出して休まなければいけない、保育園からお迎えの電話があるという話はよくある事です。
こういった時、社員がしっかりフォローしあえる事で、子供がいる方でも働きやすい会社として長く働いてくれるようになります。

 

いかに社員を大切にしてくれるか

どんなに給料がよく、安定した企業でも、

説明された仕事とは違う

子供を抱えている人にとって働きにくい

やりがいを感じない

と思われてはその会社に長くとどまってくれず人の出入りも激しくなります。

長く留まってもらうためにも、雇用条件は明確に伝える事、お互いフォローし合ったり目標に向かって頑張ろうと刺激のある職場や活気のある仕事ですと、ずっと働きたくなる職場になるでしょう。