多数の会社から高く評価優良人材紹介会社をセレクション!

人材紹介と求人媒体の違いは?

人材紹介と求人媒体の違いは?

 

人材を確保する手段として大きく分けると求人媒体と人材紹介の2種類に分けることができます。
当然どこの企業も優秀な人材を獲得したいと考えています。
「人材紹介」「求人媒体」どちらか一方しか使わない企業もございます。
両者の違いを見極めた上で、最適な求人活動を成功させてるのに大切なことをご紹介します。

 

 

同じようで実は違う!2つの求人業者のメリット

〇人材紹介業者

まず人材紹介業者を見てみましょう。
求人媒体との一番違う点は、専任の担当者がついてくれることです。
(一般的にコンサルタントやアドバイザーと呼ばれている)

コンサルタントが付く具体的なメリットとして、人事担当者の実務を軽減できる点です。

求人媒体を使っての採用活動を行う場合、人事担当者の実務として、求人票の作成、候補者と面接スケジュール設定、給与などの条件交渉、内定後フォロー、不採用の通知などの人事担当者が行うべき業務を人材紹介のコンサルタントが代わりに行ってくれます。

また、条件に合った候補者をコンサルタントが人間性も加味した上で紹介してもらえるので、予備の選考が終わった段階から採用を始められる事もメリットと言えます。

 

〇求人媒体

求人媒体を利用する際のメリットとしては、媒体情報をもとにターゲティングできることが特徴です。
コストをかければかけるだけ露出機会が増えるメリットがあります。

 

それぞれのデメリットについて

ここまで2つの求人の魅力について伝えてきましたが、実はそれぞれデメリットも存在します。

〇人材紹介業者

まずは人材紹介業者です。

人材紹介業者はコンサルタントやアドバイザーと呼ばれる選任担当がサポートをしてくれる事が主ですので、うしても担当者と相性や質に差が出てしまう点です。

ここの部分については運の要素も強いのですが、相性が悪いなと感じたらコンサルタントの変更を打診してみるのも一つの方法です。

 

〇求人媒体

求人媒体を利用する際のデメリットは、人材が確保出来なくても採用コストがかかる点です。

人材紹介の場合は採用できた場合のみコストがかかる成功報酬であるのに対し、求人媒体を利用する場合、民間求人広告のほとんどが採用の有無にかかわらず掲載料が発生します。
(ハローワークは無料)
求人媒体に掲載する場合、掲載期間が決まっています。
掲載期間内に希望の人材が採用出来れば採用コストを抑えられるケースもありますが、求める人材が確保出来なかった際に、採用コストをかけ続けなければなりません。

また、掲載情報の作成や候補者との面接の設定まで全てを採用・人事担当者が全て進めなければいけないこともデメリットといえるでしょう。

 

最後に

「人材紹介」と「求人媒体」の違いとそれぞれのメリットデメリットを紹介しました。

社内の人事・採用担当者の実務を軽減したい、リスクを抑えて採用したい場合は「人材紹介」がおすすめです。

企業側に採用ノウハウを蓄積したい場合は「求人媒体」がおすすめです。

各業者によってサポート体制や特色に違いもあるので、一度各企業に問い合わせてみて確認してみる事をお勧めします。